設立趣旨

 日本は、歴史上いつも、世界の文化を取り入れ、独自の文化へと消化し進化させて、世界でも類を見ない文化を築き上げてまいりました。
今では、その無二の文化は世界へ発信され、高い評価を受け、大きな影響を世界に与えています。

しかしながら、テクノロジーの進化が目覚ましく、世界は近くなり、一瞬にして情報が手にはいる現在、文化や芸術というものを、じっくりと伝承・継承していくことは、難しくなっています。

 その大きな理由は、若い世代が、インターネットによって簡単に手にはいるデータを使うことに慣れ親しんでいるため、アナログな学び方で、空間と時間を充分にかけ努力することに価値を見出せないことにあります。

 当財団では、この若い世代とじっくりと向き合って、世界で活躍されているアーティストやマスターティーチャーの教えを伝えていくための空間と時間を提供していきたいと思います。

そして若い世代が、その学びの中で、個性を開花させて、世界に通じるアーティストへと成長していくことを支援したいと思います。

具体的には、レクチャー、マスタークラス、レッスンまたコンサートを主催したり、当財団の趣旨と同じくする企画を支援してまいります。

 また、当財団の継承の支援の一環として、貴重な書籍や楽譜などを保存し、次世代に提供していくことにも力を注いで参ります。

 文化、芸術の真髄が確実に継承されていくことで、その時代の新たな個性が、文化、芸術をさらに進化させ、いつの時代も、新鮮で豊かな世界が展開すると信じて、当財団は活動していきます。

Mission Statement

In history, Japan has always taken in the cultures of the world to digest and evolve into a unique culture, and built up a culture that is unlike any other in the world.


Now, this unique culture is being spread throughout the world, receiving a positive response,and greatly influencing the world.

However, with the awakening of technological advances, the world has become much closer,and in the present, when information can be obtained in the blink of an eye, it is becoming more difficult to slowly pass down and inherit culture and art.

The major reason is that the young generation is used to using data that is easily obtained from the Internet, and they cannot see the value in taking plenty of time and space to work hard in an analog style of learning.

At this foundation, we want to provide space and time to face this young generation and impart to them the teachings of internationally active artists and master teachers.

And we want to support this young generation as they let their individualities bloom as they learn and grow to become artists that spread their messages throughout the world.

In particular, we organize lectures, masterclasses, lessons and concerts, and support projects that have the same purpose as us.

Also, as a way to support the passing down of this foundation, we work hard to preserve precious books and music scores to provide them to the next generation.

We believe that by making sure to pass down the essence of art and culture, the new individualities of the new generation will allow culture and art to further evolve, so that a fresh and abundant world will be developed, no matter the generation.

評議員・役員

H29年9月現在
  • 入山 功一

株式会社AMATI 代表取締役社長

  • 小野 真紀子

神戸女学院大学 講師

  • 重延 浩

株式会社テレビマンユニオン会長・取締役

  • 脇田 貞二

株式会社ワキタ 代表取締役社長

代表理事

  • 小野 ひとみ 
    有限会社アマックコーポレション 代表取締役社長

理事

  • 今井 信子

ヴィオラ奏者。アムステルダム音楽院、クロンベル

ク・アカデミー、ソフィア王妃高等音楽院 教授

  • 片桐 文子 道和書院

監事

  • 高野 真紀子 辻・本郷税理士法人

Councilors and Officers

As of September 2017

Trustees

  • Koichi Iriyama  (President, Amati, Inc.)

  • Makiko Ono  (Lecturer, Kobe College)

  • Yutaka Shigenobu  (Chairman/Executive, TV Man Union, Inc.)

  • Teiji Wakita  (President, Wakita & Co., Ltd.)

Representative director

  • Hitomi Ono
    (Amac Corporation Ltd.Representative
    Director and President)

Directors

  • Nobuko Imai
    (Viola player. Professor at Amsterdam Conservatory, Kronberg Academy, and Queen Sofia Queen High School Conservatory)

  • Fumiko Katagiri  (Douwashoin)

Auditor

  • Makiko Takano
    (Hongo Tsuji Tax & Consulting)

*Listed in the Japanese syllabary order.

​代表理事ご挨拶

当財団の設立の発起人であり、代表理事を務めております小野ひとみよりご挨拶申し上げます。

Copyright © Ono Culture Foundation. All rights reserved.

logo.png
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • mail